読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の意味を「感じる」とき

人生の意味は「ある」ものではなく「感じる」ものだと思います。

まず,客観的な「人生の意味」を見つけるのは非常に難しいと思います。意味は無限に後退するからです。どんな「人生の意味」に対しても「それに何の意味があるの?」と問うことはでき,その連鎖は決して終わりません。その連鎖を打ち切るには「だってその方がいいじゃん」と主観に頼るしかないのです。進化の視点から見ても,人々が存在するのは自然淘汰の結果に過ぎず,そこに積極的な意味はありません。

一方で,主観的な「人生の意味」は存在し得えると思います。「人生の意味」という「感覚」が存在すること自体はあり得るからです。実際,「あなたに会うために生まれた」とか「この人を幸せにするために生まれた」という感覚には強烈なリアリティがあります。進化の視点から見ても,自然淘汰において有利になる状況で「人生の意味」を感じるように人間が進化することは十分あり得ます。

自然淘汰において有利になる状況に自らを導くために人間はさまざまな要求を持ちます。例えば,健康を維持するために食欲があり,仲間と助け合って生き残るために承認欲があり,自分の遺伝子を残すために性欲があります。逆に言えば,そのような要求が満たされた状況が自然淘汰において有利になる状況です。

従って,人間が「人生の意味」を感じるのが自然淘汰において有利になる状況であるならば,それは「自分の要求が満たせたとき・満たせる希望が持てたとき」になるはずです。とはいえ人間は快楽に適応してしまい,ありきたりなことには喜べないので,とりわけ「普段満たせていない」要求が満たせたとき,人は人生の意味を感じるはずです。

例えば,長年病気に苦しんだ人は,病気が治ったとき,または治る希望が持てたとき,大きな人生の意味を感じるでしょう。普通の人にとっては当たり前に満たせている「健康でいたい」という要求も,その人にとっては普段満たせていない要求だからです。

一方,共同体の解体が進んだ現代社会に生きる人々にとって,承認要求は比較的満たしにくい要求です。だからこそ「友人・恋人・家族と過ごすこと」「社会に貢献すること」「何かを達成すること」等が人生の意味としてよくあげられるのでしょう。というのも,これらは全て「人に認められること」につながるからです。

逆に,「人生には意味がない」と感じるのは,「どんなに努力しても要求が満たせないと感じたとき」であることが多いと思います。例えば,大好きだった恋人から振られて,出会いの希望がないとき,長年勤めた会社から解雇され,次に行く当てがないとき,人生には意味がないと感じる人は多いでしょう。

つまり,人生の意味は希望から生まれ,絶望とともに消えるのです。従って,常に「人生の意味」を感じ続けるようにするには,絶望しないように,希望を持ち続けられるようにする必要があるでしょう。その具体的な方向性に関してはまた書きたいと思います。

 

 

 

 

 

New Year's resolution

あまりに欲張りすぎると挫折するので,シンプルに。

1. 朝起きたら,TO DO LIST を作る。

2. 朝起きたら,NOT TO DO LIST を見る。

とくに休日は,最近無為に過ごしてしまいがちなので,気をつけたいです。

ロバストに幸せになる

昨年「幸せになるという最適化問題」という記事を書きました。

この記事の主旨は,幸せになるとは「自分の要求を最大限満たす」という最適化問題である,というものでした。人間はさまざまな要求を有しており,その要求の満足を最大化するところに幸せな人生がある,と主張しました。

基本的には,この考えは変わっていません。ただ,この記事を書いた当時は,要求満足の問題に関して「具体的にある条件を達成することで要求が満足される」というイメージを持っていました。しかしこの半年で,このイメージは間違いだと悟りました。

具体的にある条件を達成することではじめて要求が満足されるという信念は,その条件の達成を困難にするような状況に対して無力です。そのような状況において,条件が達成されていないことに常に不幸感を抱き続けることになるためです。

条件の達成が困難になる状況は現実にあります。例えばどんな容姿,性格,健康状態で,どんな時代,地域,家庭に生まれるかは,自分で決めることができません。また,どんなに努力しても,病気,怪我,失業,愛する人との死別,などの悲劇は起きます。

最適化の方法を考える際には,このような不確実性を考慮に入れる必要があります。具体的な条件の実現に完全に依存せず,ロバスト*1に幸せになる方法が必要なのです。

ロバストに幸せになる - 感謝すること

要求を満たすような具体的な条件の達成が不可能になるような状況の下で,人は幸せになれないのでしょうか。答えは否です。幸せは主観的だからです。人が幸せか否かは人が主観的に満足しているか否かで規定され,具体的な条件には依存しないのです。

主観的な満足度を高める方法は,まだ満たされていない要求に意識を向けて,その要求を満たすような具体的な条件を達成すべく努力することだけではありません。既に満たされている要求に意識を向けて,満足感を味わうのも満足度を高めます。

多くの場合,人は既に多くのことに関して恵まれています。その事実は,たとえ悲劇の中にあっても変わりません。悲劇から生まれる幸いもあります。そのような多くの幸いは,存在しないのではなく,気付かれていないだけなのです。

人が多くの幸いに気付けなくなるのは,既に満たされている要求に対して快楽順応(hedonic adaptation)してしまうためです。快楽順応とは,エモーショナルな環境の変化が幸せに与える影響が消えてしまう現象のことです。

例えば,宝くじの当選者の1年後の幸福度は普通の人と変わらない,という結果があるそうです。このように,国,地域,文化,年齢,性,民族,姻戚関係,収入,宗教などの環境的(circumstantial)な要因は,幸福度の 8 ~ 15 % 程度しか説明しないようです*2 

逆に言えば,この順応に対抗することで,既に満たされている要求から,幸せを感じることができるのです。そのための代表的な方法が,感謝することです*3(ここで言う感謝は,行動としての感謝ではなく,精神活動としての感謝を指します)。

感謝は「〇〇のおかげで〜〜」という形をとり,〜〜の部分では必ず「自分の何らかの要求が満たされていること」を確認します。つまり,感謝とは「自分の今の状況から満足を抽出する精神活動」なのです。この意味で,感謝は幸せと完全に直結します。

実際,週に1回の感謝が6週間後の幸福度を高めるという結果があるようです。ただ,あまりに頻繁に感謝したり同じことに感謝し続けると効果がないため,ある程度間隔をあけたり,感謝する領域(人間関係,仕事,健康等)を変えると良いそうです*4

具体的な条件を実現するために努力するのも大事ですが,そのような努力は悲劇に対して無力です。悲劇の中でもロバストに幸せになるためには,既にある幸せを味わうための感謝のような習慣が必要なのではないかと思います。

*1:外乱に対して安定的という意味

*2:Lyubomirsky S et al. 2005. Pursuing happiness: The architecture of sustainable change. Review of General Psychology, 9, 111-131.

*3:Lyubomirsky et al. 2005.

*4:Lyubomirsky et al. 2005.

不安型の恋愛:自己肯定できない人々の悲しい運命

アタッチメント理論によると,アタッチメント・スタイルには安定型・不安型・回避型があり,人々の約 56% が安定型,24%が不安型,20%が回避型*1に属するのですが,不安型と回避型の人は,恋愛において注意が必要です。

回避型の恋愛については以前説明しましたので,今回は回避型について説明します。

別のページに,アタッチメント・スタイルを判断するための質問項目を用意したので,自分または気になる人のスタイルを調べてみると面白いでしょう。

 

不安型:自分には価値がない

人々は幼い頃の他者との関係によって,「他者に対するイメージ」と「自己に対するイメージ」を形成します。前者は「他者は,自分が助けを求めたとき助けてくれるのか」,後者は「自己は,他者が助けてくれるような対象なのか」に関するイメージです。 

不安型の人は,このうち,自己に対するイメージが否定的であり,「自分は,他者が助けたいと思うような存在ではない,自分には価値がない」というイメージを持っています。つまり,不安型の人は,自己肯定感 = 自尊心が低いのです*2

子供に対する過大な干渉・要求などが,不安型アタッチメントの形成につながるようです *3。おそらく,条件付きの承認を経験することが,自尊心の水準を低めるのではないでしょうか。

不安型の人は,他のタイプの人より強く他者の承認を求めており,恋愛においては,一目惚れしやすく,恋に落ちやすく,恋に夢中になりやすいことが分かっています*4

しかし,不安型の人の恋愛は, 安定型の人の恋愛に比べて,長続きせず*5,特に「くっついたり離れたり(on and off)」の恋愛をする傾向があります*6

誰よりも愛を求めているはずの不安型の恋愛は,なぜ,うまくいかないのでしょうか。

悲しき予言の自己成就

結論から言うと,自分に自信がない不安型の人は,相手に拒否されることを心のどこかで予測しており,その予測に伴う認知・行動が,予測を実現してしまうためです。これを自己成就的予言(self-fulfilling prophecy)と言います。

外に見える不安

不安型の人は,相手に承認されたいと誰よりも願っています。一方,自分に自信がないため,相手に拒否されることを心のどこかで予測し恐れています。このアンビバレンスは,新しい人間関係を作る場面 = 相手に拒否されるリスクが高い場面で強くなります。

その結果,不安型の人は初対面の相手に,不明瞭・不安定な声,気まずい沈黙など「外に見える不安(manifest anxiety)」を示してしまうため,相手に悪い印象を与え,恋愛対象として選ばれる可能性が低くなるのです *7

不安による束縛

また,拒否を心のどこかで予測している不安型の人は,少しのことでも関係の危機と捉える傾向があります。例えば,不安型の人は嫉妬しやすく*8,相手の中立的な行動を浮気と捉えやすいことが分かっています*9

そのため,不安型の人は他のタイプの人より配偶者保持行動(mate retention behavior:相手の浮気や恋愛関係の消滅を避けるための行動)をとる傾向があります。例えば,不要に相手の場所を電話で確認したり,相手の時間を独占して社交の機会を奪ったり, 相手が他の異性と親しくしたときに激怒したりします*10

このような行動を,費用負荷型(cost-inflicting)配偶者保持行動と呼びます。配偶者保持行動には, 相手の容姿を褒めたり,プレゼントをあげたり,といった利益供与型(benefit-provisioning)の行動もありますが,利益供与型の行動をとるリソースがなく,費用負荷的な行動に頼ってしまうと,相手の関係満足度を低める可能性があります*11

罪悪感の操作

また,相手の行動に拒否を読みとる不安型の人は少しのことに深く傷つき,そのような場合,自分がどんなに傷ついたか強調し,相手をどれだけ愛してきたか思い出させるなど,相手に罪悪感を感じさせる行動(guilt induction strategy)をとる傾向があります。

その結果として,不安型の人のパートナーはより罪悪感を抱きやすくなります。パートナーが罪悪感を示した場合,不安型の人の気持ちは和らぎますが,パートナーの,その恋愛関係に対する満足度は下がってしまうのです*12

不安型の人の恋愛戦略

不安型の人の最も本質的な問題は,自尊心が低いということです。従って,根本的には自尊心を高める必要があります。

以前,人の自尊心は他者による承認の程度を測るソシオメーター(sociometer)であるとする理論を説明しました。他者の承認を感じると上がり,拒否を感じると下がるこのメーターにより,人は集団に所属するよう動機づけられている,とする理論です。

大事なのは,自尊心は自己の資質や能力に対する「主観的な」評価であり,客観的な評価とは相関しないということです*13。つまり,客観的に見て明らかに優秀で魅力的な人でも,非常に低い自尊心を抱えていることはあり得るということです。

不安型の人は, 拒否を示唆する情報に対して敏感に反応するソシオメーターを持っています。そのため,不安型の人の自尊心は他のタイプより不安定で*14,恋愛において感情的な上下を感じやすい*15ことが知られています。

従って,不安型の人が自尊心を高めるために最も有効なのは,自分が安心できる人間関係を充実させることです。表面的な関係を広げても,拒否の可能性を感じてしまうので,自尊心の向上にはあまり意味がないでしょう。

また,パートナーに依存して自尊心を高めるのは本末転倒です。他に自尊心の源泉がないと,関係が少し躓いたとき,上に述べた構造で一気に瓦解するリスクがあるためです。

 

*1:Hazan, C., & Shaver, P. (1987). Romantic love conceptualized as an attachment process. Journal of Personality and Social Psychology, 52(3), 511–524. doi:10.1037/0022-3514.52.3.51

*2:Bartholomew, K., & Horowitz, L. M. (1991). Attachment styles among young adults: A test of a four-caregory model. Journal of Personality and Social Psychology, 61(2), 226–244. doi:10.1037/0022-3514.61.2.226

*3:Hazan & Shaver, 1987

*4:Hazan & Shaver, 1987

*5:Hazan & Shaver, 1987

*6:Kirkpatrick, L., & Hazan, C. (1994). Attachment styles and close relationships: A four-year prospective study. Personal Relationships, 1(2), 123–142. doi:10.1111/j.1475-6811.1994.tb00058.x

*7:これは,外見の魅力を統計的にコントロールした後に残る効果ですので,疑似相関ではありません。

McClure, M. J., & Lydon, J. E. (2014). Anxiety doesn’t become you: How attachment anxiety compromises relational opportunities. Journal of Personality and Social Psychology, 106(1), 89–111. doi:10.1037/a0034532

*8:Hazan & Shaver, 1987

*9:Kruger, D., Fisher, M., Edelstein, R., Chopik, W., Fitzgerald, C., & Strout, S. (2013). Was that Cheating? Perceptions Vary by Sex , Attachment Anxiety , and Behavior, 11(1), 159–171.

*10:配偶者保持行動の全種類は以下を参照。

Buss, D. M., Shackelford, T. K., & McKibbin, W. F. (2008). The Mate Retention Inventory-Short Form (MRI-SF). Personality and Individual Differences, 44(1), 322–334. doi:10.1016/j.paid.2007.08.013

*11:Barbaro, N., Pham, M. N., Shackelford, T. K., & Zeigler-Hill, V. (2016). Insecure romantic attachment dimensions and frequency of mate retention behaviors. Personal Relationships, 23(September), 605–618. doi:10.1111/pere.12146

*12:Overall, N. C., Girme, Y. U., Lemay, E. P., & Hammond, M. D. (2014). Attachment anxiety and reactions to relationship threat: the benefits and costs of inducing guilt in romantic partners. Journal of Personality and Social Psychology, 106(SEPTEMBER), 235–56. doi:10.1037/a0034371

*13:Baumeister, R. F., Campbell, J. D., Krueger, J. I., & Vohs, K. D. (2015). Does High Self-Esteem Cause Better Performance, Interpersonal Success , Happiness , or Healthier Lifestyles ?

*14:拒否のサインに過剰に敏感なのは不安型も回避型も同じなのですが(Downey & Feldman, 1996),不安型においては拒否の知覚が自尊心の急激な低下に結びつき,回避型においてはさほど結びつかないという違いがあります(Srivastava & Beer, 2005)。回避型の人は,相手と親密になりたいという気持ちを抑制することで拒否に対処します。

Srivastava, S., & Beer, J. S. (2005). How self-evaluations relate to being liked by others: Integrating sociometer and attachment perspectives. Journal of Personality and Social Psychology, 89(6), 966–977. doi:10.1037/0022-3514.89.6.966

Downey, G., & Feldman, S. I. (1996). Implications of Rejection Sensitivity for Intimate Relationships. Journal of Personality and Social Psychology, 70(6), 1327–1343. doi:10.1037/0022-3514.70.6.1327

*15:Hazan & Shaver, 1987

The Mate Retention Inventory-Short Form (MRI-SF)

以下の項目は,Buss et al. (2008) *1より引用した,配偶者保持行動のリストです。

Vigilance

Called to make sure my partner was where she said she would be

Snooped through my partner’s personal belongings

Concealment of Mate

Did not take my partner to a party where other men would be present

Took my partner away from a gathering where other men were around

Monopolization of Time

Insisted that my partner spend all her free time with me

Spent all my free time with my partner so that she could not meet anyone else

Jealousy Induction

Talked to another woman at a party to make my partner jealous

Showed interest in another woman to make my partner angry

Punish Mate’s Infidelity Threat

Became angry when my partner flirted too much

Threatened to break up if my partner ever cheated on me

Emotional Manipulation

Pleaded that I could not live without my partner

Told my partner that I was dependent on my partner

Commitment Manipulation

Told my partner that we needed a total commitment to each other

Asked my partner to marry me

Derogation of Competitors

Pointed out to my partner the flaws of another man

Told my partner that another man was stupid

Resource Display

Bought my partner an expensive gift

Took my partner to a nice restaurant

Sexual Inducements

Performed sexual favors to keep my partner around

Had a physical relationship with my partner to deepen our bond

Appearance Enhancement

Made myself extra attractive for my partner

Made sure that I looked nice for my partner

Love and Care

Complimented my partner on her appearance

Displayed greater affection for my partner

Submission and Debasement

Gave in to my partner’s every wish

Went along with everything my partner said

Verbal Possession Signals

Told my same-sex friends how much my partner and I were in love

Bragged about my partner to other men

Physical Possession Signals

Put my arm around my partner in front of others

Held my partner’s hand when other men were around

Possessive Ornamentation

Asked my partner to wear my ring

Gave my partner jewelry to signify that she was taken

Derogation of Mate

Told other men my partner was a pain

Told other men that my partner was not a nice person

Intrasexual Threats

Stared coldly at a man who was looking at my partner

Gave a man a dirty look when he looked at my partner

Violence Against Rivals

Got my friends to beat up someone who was interested in my partner

Slapped a man who made a pass at my partner

*1:Buss, D. M., Shackelford, T. K., & McKibbin, W. F. (2008). The Mate Retention Inventory-Short Form (MRI-SF). Personality and Individual Differences, 44(1), 322–334. doi:10.1016/j.paid.2007.08.013

今日の散歩:大宮花の丘農林公苑

午後は天気が良かったので,自転車で15分ほどのところにある「大宮花の丘農林公苑」に行ってきました。

簡単に行けると思ったのですが,この辺はかなり田舎なので,大きい道を使わないで行こうとすると実は砂利道で進めなかったり,実際の道が地図と違っていたりして,少し苦労しました。

公園かつお花畑という感じのところです。季節ごとにいろいろな花が楽しめるようです。

f:id:Yujiro_K:20161009194523j:plain

コスモス畑

f:id:Yujiro_K:20161009194604j:plain

サルビア畑

f:id:Yujiro_K:20161009194643j:plain

ブルーサルビア畑

f:id:Yujiro_K:20161009194731j:plain

ほぼ一面にサルビアの花が咲いていて綺麗でした。ところどころにある植木鉢の人形もなごみポイントでした。春には一面がチューリップになるようなので,機会があればまた来たいです。