読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

修論提出完了

駄文

修士論文を提出した。これで,修士課程は全て終了。短かったなあ。紙媒体で提出するために印刷所で印刷してきたのだけど,試験番号を書くべきところに間違えて学績番号を書いてしまったので,2部余計に刷ってしまった。両親へのプレゼントにする。

この経験が将来活きてくるか分からないけど,活きてほしい。「留学楽しい!最高!」という感じではなかった。むしろ,辛いことが多かった。悩む日々だった。ただ,一人になって,自分という人間に対する理解がとても深まった。そこは良かったと思う。

英語力は向上したのだろうか。英語で話すこと・読むことに抵抗がなくなった,とは言える。話すのが流暢になったとは言えないかも。それでも統計について説明できるし,研究について議論できるから,良いのだけど。まあ,英語で修士とれるだけの実力はありますよ,という証明にはなるのかな。

夕飯のときにマケドニア人の友人と話した。彼女は PhD には進まず専攻関係の仕事に就き,機会があれば PhD に戻るらしい。たしかに実践を経てから PhD という道はありなのかなと思った。とくに実践のための研究をする場合,社会で本当に求められていることが分かってから PhD に進んだ方が,役に立つ研究ができるのかもしれない。

自分は将来,何をしているのかな。とりあえず就活っぽいことをして,統計が活かせる企業を探す予定だけど,全く別の仕事に就いているかもしれない。結局,高校教員になっているかもしれない。「でもやっぱり」と言って,研究者を目指しているかもしれない。はたまた,ニートになっていたりして。

 

TO DO 管理のために Wunderlist というドイツ製アプリを導入することにした。シンプルなデザインでサクサク使えるし,TO DO を PC と携帯で同期できてとても便利。TO DO LIST 以外にも,行きたい店とかをメモしておくツールとしても使えそうだ。