読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

回避型の恋愛:人を頼れない人々の悲しい運命

人生戦略

アタッチメント理論によると,人々のアタッチメント・スタイルには安定型・不安型・回避型があり,人々の56% が安定型,24%が不安型,20%が回避型に分類されます*1

恋愛において注意が必要なのは不安型と回避型だけなので,この2つのタイプの特徴を知るだけで,ほぼすべての恋愛が成功に近づくと言えます。

ということで,今回は,回避型の人の恋愛について見ていこうと思います。不安型の人の恋愛については,別の機会でとりあげたいと思います(追記:不安型についても書きました。以下のリンクからどうぞ)。

別のページに,アタッチメント・スタイルを判断するための質問項目を用意したので,自分または気になる人のスタイルに関してチェックしてみると面白いでしょう。

 

回避型:人は頼りにならない

人々は幼い頃の他者との関係によって,「他者に対するイメージ」と「自己に対するイメージ」を形成します。前者は「他者は,自分が助けを求めたとき助けてくれるのか」,後者は「自己は,他者が助けてくれるような対象なのか」に関するイメージです。*2

回避型の人は,このうち,他者に対するイメージが否定的であり,「自分が助けを必要とするとき人は助けてくれない,人は頼りにならない」というイメージを持っています。

とくに,母親が冷たく子供を突き放すタイプだと,子供は回避型になりやすいことがわかっています*3。助けを求めても,助けてもらえないという経験を繰り返すためです。

その結果,回避型の子供は,別の方法で安心感を得ることを学びます。他者と親密になりたいという気持ち(attachment need)を抑圧し,他者と親密になる・依存しあうことを嫌い,他者と距離を置く・独立することを好むようになるのです*4

 

回避型の恋愛の悲しい運命 

回避型の人の恋愛には,悲しい運命がつきまといます*5。結論から言うと,回避型の人は ⑴ パートナーと距離感のギャップを生じやすく,⑵ 恋愛にコミットできず,⑶ 衝突や失敗から学ばないため,恋愛関係を維持するのが難しいのです。

実際,回避型の人は,他のタイプに比べて,恋愛関係において不満やネガティブな感情を抱きやすく*6,恋愛関係を維持できる時間が最も短いことがわかっています*7

 

距離感のギャップ

回避型の人は,パートナーとの距離感のギャップを最も生じやすいタイプだと言えます。悲しいことに,この傾向は,最初の盛り上がりが大きいほど,高くなるはずです。

この理由を理解するには,愛という感情の2つの側面を知る必要があります。つまり,情愛(passionate love)と,友愛(companionate love)の違いです*8

情愛とは,相手と一つになりたいという強烈な感情,相手の身体を求める,性欲に基づいた感情のことです。進化的には,人々を惹きつけ,性行為に駆り立て,子供を生ませるという役割があります。そのため,この感情は時間とともに弱まる傾向があります*9

友愛とは,相手と結びついているという暖かい気持ち,お互いに理解し,気にかけ,好意を持っているという,親密さに基づいた気持ちのことです。進化的には,パートナーの間に長期的な絆を形成させ,協力して子育てをさせるという役割があります。そのため,この気持ちは長く持続する傾向があります*10

先に述べた通り,回避型の人は根本的に他者と親密になる・依存し合うことを不快に感じる傾向があります。しかし,恋愛が始まるときには,情愛によって,回避型の人も相手と近づきたいと思うようになります。この傾向は,最初の盛り上がりが大きいほど強くなるはずです。

しかし,情愛は長くは続かないため,相手を求める気持ちは減少します。ここで他のタイプであれば,それまでに育った友愛が,親密さを維持,促進するはずなのですが,相手との近い距離が不快な回避型の人は, むしろ距離をとろうとし始めます。

そのとき,回避型の人の心理を理解していないパートナーは,それまでの距離感で接し続けるはずです。 ここで両者の間に,必然的に距離感のギャップが生じます。

 

ここで,きちんと話し合うことができれば状況は改善されるはずですが,他者と親密になる・感情的に依存し合うことを避ける回避型の人は,恋愛における自己開示を避けるため*11,不満を口に出せず,不快感だけが蓄積していきます。

このような状況で違和感を感じたパートナーが,侵入性(intrusiveness)の高い行動*12をした場合,さらに状況が悪化します。侵入性とは,相手の行動を監視し,変えようとしたり,相手の領域を侵したりすることです*13

回避型の人々は独立を好むため,侵入性をより敏感に検知します。しかし回避型の人は,このように生じた不快感に対し,言葉による解決を避け,相手や,相手との関係の重要性を否定し,無視すること(距離をとる戦略:distancing strategy)で対処します。

皮肉なことに,この結果,相手の侵入性はますます高くなる可能性があるのです。その場合,回避型の人はますます距離をとるようになります。この循環的なプロセスの中で,回避型の人は,その恋愛関係への不快感を高め,関係の解消に向かうのです。

このように,回避型の人は,相手との距離感のギャップに苦しみ,恋愛関係の解消に向かう可能性が高いのです。悲しいのは,最初の盛り上がりが大きいほど,このシナリオ通りにことが進む可能性が高いということです。

 

コミットメントができない

コミットメントとは,今の関係を長期に渡って続けようとする意思のことです。コミットメントが高いほど,人はその関係を維持・促進するための行動をとり,その関係は長く続くことがわかっています*14

今のパートナーに対するコミットメントは,

⑴ 今のパートナーから得られる満足はどのくらいか (満足:satisfaction)

⑵ 他のパートナー候補から得られる満足はどのくらいか(代替:alternatives)*15

⑶ 別れると失うものはどのくらいか(投資:investment)*16

によってほぼ決まり,とくに満足度の影響が強いことがわかっています*17

回避型の人々は,他者と依存し合うことを不快に思う傾向があるため,今の関係に不満を抱く傾向があります。また,特定の関係に依存しているという感覚を減らすため,他にもたくさん候補があると思う傾向があります。そして,特定の関係に依存するのを避けるため,恋愛にあまり投資をしない傾向があります。結果として,回避型の人は,特定の関係にコミットできないのです(下図を参照)*18

 

f:id:Yujiro_K:20160829224815p:plain

コミットメントの低さの裏返しとして,回避型の人は,他のタイプより ⑴ 浮気に対してより許容的であり,⑵ 他のパートナー候補と会うことにより興味を持ち,⑶ 他のパートナー候補をよりポジティブに評価し,⑷ 実際に,浮気をする可能性が高い,ことが分かっています*19。当然,浮気が発覚すれば,恋愛関係の解消につながります。

また,将来に対する悲観的な見通しも,コミットメントを低める可能性があります。例えば,回避型の人は, 子供が,趣味・社交・自由時間の妨げになったり, パートナーにとっての自分の重要性を奪うことを恐れるため,子供を持つことに関しては否定的な傾向があり,実際に,子育てにおいて苦悩し,不満を抱く傾向があります*20

このように,回避型であることによって必然的に生じるコミットメントの低さも,恋愛関係の解消に結びつくのです。

 

衝突や失敗から学ばない

他者と衝突(conflict)が生じたとき,人はその他者の態度や行動を変えようと試みますが,他者による干渉を嫌い,独立を好む回避型の人は,そのような試みを敏感に検知し,過剰にネガティブな反応をする傾向があります。

そのようなとき,回避型の人は,ネガティブな感情を抑圧するために,問題に関して議論するのを避け,相手や,相手との関係の重要性を否定します。そのため,衝突の際に,どうすると建設的に解決できるのか,ということをなかなか学ばないのです*21

また,恋愛関係が破綻したときも同じことが生じます。 回避型の人は,相手や相手との関係性の重要性を否定し,失恋の痛みを抑圧するため,その失恋から学んで,個人的成長(personal growth)につなげることが苦手です(下図参照)*22

f:id:Yujiro_K:20160829234736p:plain

つまり,回避型の人は痛みと向きあうことを避けるため,痛みの原因を治すことができないのです。転んだとき痛みを感じる人は,転ばないように気をつけることができますが,痛みを感じなければ,転び続けて,傷だらけになってしまうでしょう。

 

回避型の人とどう付き合うか

先に述べた通り,回避型の人は自分の独立性が脅かされる侵入的な行動を嫌い,ネガティブな感情を抑圧するために相手から距離をとる(問題に関して議論せず,相手や相手との関係の重要性を否定する)傾向があります。この点に気をつけることが大切です。

例えば,衝突のとき,回避型の人の態度や行動を変えようとする場合は,回避型の人の独立性を尊重する必要があります。このような場合,変わることを要求しつつ,回避型の人の視点・長所・貢献を認めるという,軟化(softening)という戦略が有効です*23

また,回避型の人が悩み苦しんでいるときは,主導権を奪わず,自分で問題を解決させるようなケアをするのが有効であることが分かっています*24

とくに,感情的な依存関係を嫌う回避型の人には,慰めたり,励ましたり,共感したりする感情的なケア(emotional care)よりも,問題を解決するために,具体的な提案やアドバイス,情報を与えたりする実用的なケア(practical care)の方が効果的です*25

そして,回避型の人に対するケアは,ケアのレベルが低いうちは逆効果で,あるレベルを超えると効果を持ち始めるという,2次関数的なカーブを描くことが分かっています。

これは,ケアのレベルが低い場合,回避型の人のネガティブな期待(他者は頼りにならない)を確証させてネガティブな反応を引き起こす一方,ケアがあるレベルまで達すると,そのような期待を乗り越えることができるからだと考えられています*26

まとめると,回避型の人に対しては,独立性を尊重した,実用的・徹底的なケアを行うことが,有効だと言えます。ただ,このようなケアは骨が折れるため,この点が,回避型の人のパートナーの満足度を下げる可能性ははあり,一概には言えないのですが。

 

自分やパートナーの回避傾向が強い場合は,このような特徴をよく理解することで,より良い関係を築くことができるでしょう。

 

 

*1:Hazan, C., & Shaver, P. (1987). Romantic love conceptualized as an attachment process. Journal of Personality and Social Psychology, 52(3), 511–524. doi:10.1037/0022-3514.52.3.511

*2:Bartholomew, K., & Horowitz, L. M. (1991). Attachment styles among young adults: A test of a four-caregory model. Journal of Personality and Social Psychology, 61(2), 226–244. doi:10.1037/0022-3514.61.2.226

*3:Hazan & Shaver, 1987

*4:Hazan, C., & Shaver, P. R. (1994). Attachment as an organizational framework for research on close relationships. Psychological Inquiry, 5(1), 1–22. doi:10.1207/s15327965pli0501

*5:外から見た悲しさであり,本人にとって悲しいとは限りません。

*6:Li, T., & Chan, D. K. S. (2012). How anxious and avoidant attachment affect romantic relationship quality differently: A meta-analytic review. European Journal of Social Psychology, 42(4), 406–419. doi:10.1002/ejsp.1842

*7:Kirkpatrick, L., & Hazan, C. (1994). Attachment styles and close relationships: A four-year prospective study. Personal Relationships, 1(2), 123–142. doi:10.1111/j.1475-6811.1994.tb00058.x

*8:Sternberg の「恋愛の三角理論(Triangular Theory of Love)」には,情熱(passion),親密さ(intimacy)の他に,コミットメント(commitment)も含まれます。

*9:Baumeister & Bratslavsky, 1999

Gonzaga, G. C., Turner, R. a, Keltner, D., Campos, B., & Altemus, M. (2006). Romantic love and sexual desire in close relationships. Emotion (Washington, D.C.), 6(2), 163–179. doi:10.1037/1528-3542.6.2.163

Sprecher, S., Regan, P. C., & Angeles, L. (1998). Passionate and companionate love in courting and and young married couples, 68(2), 163–185.

Sternberg, R. J. (1986). A triangular theory of love. Psychological Review, 93(2), 119–135. doi:10.1037/0033-295X.93.2.119

*10:Baumeister & Bratslavsky, 1999; Gonzaga et al., 2006; Sprecher et al., 1998

*11:Tan, R., Overall, N. C., & Taylor, J. K. (2012). Let’s talk about us: Attachment, relationship-focused disclosure, and relationship quality. Personal Relationships, 19(3), 521–534. doi:10.1111/j.1475-6811.2011.01383.x

*12:相手の携帯を勝手に見る,相手の行動を詮索する,など

*13:Lavy, S., Mikulincer, M., & Shaver, P. R. (2010). Autonomy-proximity imbalance: An attachment theory perspective on intrusiveness in romantic relationships. Personality and Individual Differences, 48(5), 552–556. doi:10.1016/j.paid.2009.12.004

*14:Etcheverry, P. E., Le, B., Wu, T. F., & Wei, M. (2013). Attachment and the investment model: Predictors of relationship commitment, maintenance, and persistence. Personal Relationships, 20(3), 546–567. doi:10.1111/j.1475-6811.2012.01423.x

*15:恋愛をしないことから得られる満足も含む

*16:その恋愛に対して今までに投じた時間・努力・お金・自己開示,また,その関係が自分のアイデンティティーに対して持つ重要性,そして,パートナーと共有している社交関係など。

*17:Le, B., & Agnew, C. R. (2003). Commitment and its theorized determinants: A meta–analysis of the Investment Model. Personal Relationships, 10, 37–57. doi:10.1111/1475-6811.00035

*18:Etcheverry et al., 2013

*19:Dewall, C. N., Lambert, N. M., Slotter, E. B., Pond, R. S., Deckman, T., Finkel, E. J., … Fincham, F. D. (2011). So far away from one’s partner, yet so close to romantic alternatives: avoidant attachment, interest in alternatives, and infidelity. Journal of Personality and Social Psychology, 101(6), 1302–16. doi:10.1037/a0025497

*20:Rholes, W. S., Simpson, J. a, Kohn, J. L., Wilson, C. L., Martin,  a M., Tran, S., & Kashy, D. a. (2011). Attachment orientations and depression: a longitudinal study of new parents. Journal of Personality and Social Psychology, 100(4), 567–586. doi:10.1037/a0022802

*21:Overall, N. C., Simpson, J. a, & Struthers, H. (2013). Buffering attachment-related avoidance: softening emotional and behavioral defenses during conflict discussions. Journal of Personality and Social Psychology, 104(5), 854–71. doi:10.1037/a0031798

*22:Marshall, T. C., Bejanyan, K., & Ferenczi, N. (2013). Attachment styles and personal growth following romantic breakups: The mediating roles of distress, rumination, and tendency to rebound. PLoS ONE, 8(9). doi:10.1371/journal.pone.0075161

*23:Overall et al, 2011

*24:Rholes et al, 2011

*25:Simpson, J. a, Winterheld, H. a, Rholes, W. S., & Oriña, M. M. (2007). Working models of attachment and reactions to different forms of caregiving from romantic partners. Journal of Personality and Social Psychology, 93(3), 466–477. doi:10.1037/0022-3514.93.3.466

*26:Girme, Y. U., Overall, N., Simpson, J. a., & Fletcher, G. (2015). “All or nothing”: Attachment avoidance and the curvilinear effects of partner support. Journal of Personality and Social Psychology, 108(3), 450–475. doi:10.1037/a0038866