読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人生の意味を「感じる」とき

人生戦略

人生の意味は,「ある」ものではなく「感じる」ものだと思います。

まず,客観的な「人生の意味」を見つけるのは非常に難しいと思います。意味は無限に後退するからです。「人生の意味」を見つけようとすると大抵「〇〇を幸せにするため」という結論に至りますが,そのとき「それに何の意味があるの?」と問われたら,「だってその方がいいじゃん」という主観に頼らずに答えるのは難しいでしょう。進化の視点から見ても,人々が存在するのは自然淘汰の結果に過ぎず,そこに意味はないと思います。

一方で,主観的な「人生の意味」は存在し得ると思います。たとえ幻想だとしても,「人生の意味」という感覚が存在することはあり得るからです。「あなたに会うために生まれた」とか「この人を幸せにするために生まれた」という感覚には強烈なリアリティがあります。進化の視点から見ても,自然淘汰において有利になる状況で「生きる意味」を感じるように人間が進化することは十分あり得ます。

このように考えると「人生の意味」に関わるさまざまな現象を説明することができます。

まず,人が「人生の意味」を感じるのは,「普段満たせていない要求が満たせたとき,または満たせる希望が生まれたとき」であることが多いと思います。例えば,病気の人は病気が治る希望が持てたとき,または病気が回復したときに「人生の意味」を感じるでしょう。普段ご飯が満足に食べれない人は,おいしいご飯が食べられるだけで「人生の意味」を感じるでしょう。「普通の人」は健康でいることやおいしいご飯が食べられることに慣れてしまっているので,そういうことに人生の意味を感じにくいのです。

一方で「普通の人」にとっても満たしにくいのは承認要求や性欲です。だからこそ人は,承認要求や性欲が満たせたとき,または満たせる希望が持てたとき,「人生の意味」を感じることが多いのでしょう。例えば,「人生の意味」としてよくあげられる「社会に貢献すること」や「友人,恋人,家族と過ごすこと」「何かを成し遂げること」は,全て承認要求や性欲の充足につながる活動です。

逆に,「人生には意味がない」と感じるのは,「どんなに努力してもある要求が満たせないと感じたときであること」が多いと思います。例えば,大好きだった恋人から振られて,全く出会いの希望がないとき,「人生には意味がない」と感じる人は多いでしょう。長年勤めた会社から解雇されて,全く次に行く当てがないとき,同じように感じる人は多いでしょう。「人生の意味」の感覚は希望から生まれ,絶望とともに消えるのです。

常に「人生の意味」を感じ続けるようにするには,絶望しないように,希望を持ち続けられるようにするシステムを構築する必要があるでしょう。それは例えば,いつ振られても次に行けるように異性の知り合いを広げておくとか,いつ解雇されても大丈夫なように汎用的なスキルを高めておくとか,解雇されたときしばらくやっていくためのリソースを確保しておく,といったことであるわけです。それが自由になることだと私は思います。