絶望から幸せになる1:小さな幸せに感謝すること

人は「自分を意味する何かを残す」ことに人生の意味を感じ, そのためのリソースの保持・獲得を認識するとき幸せを, 欠落・喪失を認識するとき不幸を感じます。

例えば, 食事・運動・睡眠・治癒は健康, 上達・成功は能力, 他者の承認は所属というリソースの保持・獲得を意味するため, 人に幸せの感覚を与えます。

一方, 失敗・敗北・拒絶・排斥等で自尊心が低くなると, リスクテイクの抑制を目指す抑鬱システムが, リソースの保持・獲得の認識を抑制, 欠落・喪失の認識を促進します。

この結果, 幸せを感じなくなるのです。

小さな幸せに感謝すること

上述のように, 抑鬱はリソースの保持・獲得の認識を抑制し, 欠落・喪失の認識を促進します。結果, 良いところは見えなくなり, 悪いところばかり見えるようになります。

そのため, 抑鬱のときは, 意識的に探さなければ, 自分・環境の良いところが見えなくなります。つまり, 幸せになる意思がなければ, 幸せを感じることはできなくなります。

また, 抑鬱により, 良いところは見えなくなり, 悪いところばかり見えるようになるため,意識して探したとしても, 急に沢山の幸せには気付けなくなっています。

ただ, 小さな幸せは必ずあります。その小さな幸せから始めます。

そのために, 当たり前に思っていたものを, 当たり前に思うのをやめます。例えば, 息ができること。見えること・聞こえること・嗅げること・味わえること・手触りを感じること。眠れること・食べられること。このような幸せに感謝します。

こうすると, 少し幸せを感じます。幸せを感じるということは, リソースを認識することと同じです。リソースを認識すると, 自尊心が高まります。というのも, 自尊心はその人のリソースの大きさを反映しているためです(前回の記事 を参照)。

自尊心が高まると, 社会的リスクテイクの抑制という目標が緩くなります。そのため, リソースの保持・獲得の認識に対する抑制も弱くなります。結果, より多くの幸せに気付けるようになります。今度は, そのような幸せに感謝します。

このように, まず幸せを感じることで, 良いところが見えてきます。今度は, 見えてくることで, 幸せを感じることができます。この循環を続けると, 思いがけない幸せが見えるようになります。短所のおかげで存在する長所が見えるようになります。失敗・敗北・拒絶・排斥のおかげで得た経験が見えるようになります。

 

絶望においては, 意識的に良いところを探さずに, 幸せを感じることはできません。逆に, 意識的に良いところを探せば, 必ず幸せを感じることができます。幸せを感じると, 他の良いところが見えてきます。見えてくると, より幸せを感じることができます。最後には必ず, 世界は恵みで溢れていること, 自分は既に恵まれていたことに気付きます。